ピュアニーモ~自分用植毛メモ~

試行錯誤中の自分用植毛メモです。
安定したらまとめますが今はメモ帳状態。

【素材】
◎「サラン」→お湯パOK。熱湯ストパーOK。アゾン・オビツのヘッドの髪と同じ。
・販売店:亜古人形店・PARABOX・ノアドローム・ゆめ画材・ボークス(店頭)、等
・ノアドロ-ムのみ10本取り。取り分けなくていいので使いやすい
・亜古ブルーとノアド7-サックスとPARABOXブルーは写真では色違うけど現物は同じ色。店によって色の写りがだいぶ違う様子。
・オビツとアゾンのヘッドの毛が質が微妙に違う気がする。でもどっちもサラン?
◎「カネカロン&トヨカロン混合」→80度お湯パOK、100度NG(変質)。うっかり熱湯お湯パ注意。
販売店:ゆめ画材、等
・カネカロンは耐熱性に優れてるらしいけど、ゆめ画材で買った混合ヘアーは熱湯でどっちの毛も変質してガサガサになった。

【混色の仕方】
効率の良いやり方模索中。。。
◎混ぜたいヘアーを合わせてとにかく櫛でとかしまくる。→非効率・無駄が出る
・30本くらいの束のダマが残る為、小さな櫛でちょうどいい束にしてさらにとかす。
・毛が引っかかって上下がずれる。使うとき毛の長さがまちまちになって使いにくい。
◎ヘアーを各色小分け束にしてから櫛でとかして最後に全部束ねる。→こっちの方が結果的に速い
・それぞれ、人差し指かその半分くらいの太さの束に分けて、
混ぜたい色同士の束を合わせてとかしまくる。混ざったら全部合わせてとかす。
・小さい束にすればするほど毛が上下にずれにくいしダマにならずに混色しやすい。

【道具】
◎櫛(100均のクシで出来るだけ隙間が小さいやつでいける)
◎ハサミ(毛を切る専用のが望ましい。100均の眉カットハサミでいける)
◎小さい櫛(100均の眉用の櫛、持ち手の長いやつが使いやすい)
◎ミシン用糸通し(100均で売ってる。糸を通す時に使う)
◎指貫(100均で売ってる。針を貫通させる時に使う)
◎針(いくつかある。好み。例外針はちょっと特殊。)
・針その①ボークスで売ってる植毛用針600円位。長さ14cm位で一番長い。
・針その②ユザワヤ等で売ってるぬいぐるみ用針600円位。サイズ多いし本数多い。
・例外針;家庭用ミシン針14サイズ(100均でいける)
◎マウスパット(個人的に愛用。針を貫通させる時に使う。滑らない面を使う。厚手が望ましい。)
◎水を入れる皿とか(なんでもいい。ヘアーを濡らして作業すると楽。)
◎針刺し(100均で売ってる。針を刺しとくと安全)
◎ヘアーをまとめるもの(髪ゴムとか。輪ゴムは止めた方がいい)

【植え方】
◎天辺から植えるべきか周囲端から植えるべきか・・・・・
◎アゾンヘッドはおでこの生え際がオビツより下で、頭の後ろの生え際がやや上。
◎オビツヘッドはおでこの生え際がアゾンより上で、頭の後ろの生え際がやや下。
大差ないけど、生え際が下だと童顔っぽい、生え際が上だと大人っぽいのに向いてるかも??

【植毛】
植え方のいろいろ
①針にヘアー通して玉結びし、裏から刺して針を通してヘアーを切る。
(または表から一旦通してから裏から通しなおす) 
②例外:ヘアーを端で玉止めし、ミシン針に通して、ヘアーを押さえながら表から刺す。
(玉止めが中に入るので入ったら針だけ抜く)
③表から針を刺して穴を開けたらいったん針を抜いて針の反対側を穴に通し、
端で玉止めしたヘアーを通して引っ張り上げる。
④玉止めしない方法(試してない)

(①は裏からのみだと狙った所に刺せなくて綺麗に出来ないが表から刺してからにすればいける。
ヘアーを随時取り分けて通してくので準備は少ないけど植毛自体は時間がかかる。
②はヘアーが切れたり玉止めが抜けたりするし、耐久性が不安。
③は穴が広がりすぎる事もなく、植毛自体は速いけどヘアーの準備に時間がかかる。)

マウスパッドは針を刺して貫通させる時に、
針をパッドのうえに置き、ヘッドの首穴を上にしてヘッドを押して通してる。

他にもいろいろ試行錯誤中。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>